忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
06
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
日本を離れて11年。豪州メルボルン在住、一人旅が大好きでブラジルやキューバなどのラテン音楽にぞっこん猿の私の地球旅日記。 本家「大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!」から旅日記だけこちらに移転。さらに進行予定。本家ブログもどうぞよろしく。 "If your soul is no stranger to you, the whole world is your home"
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1年以上前の旅話、久々に続けます。

前回の話、バスの長旅で危うく乗り過ごしそうになったが(というか「過ごした」)なんとか戻ってもらって無事(?)到着。早朝6時とかそんな時間だったように思う。宿も特に取っていなくて、バス停に出ていた出張所のおじさんに紹介してもらった宿にとりあえずローカルバスで行ってみる。 特に特別安くもなかったけれど、久しぶりの個室でそれなりにリーズナブルだったので、長旅の疲れもありそこに決めた。

私のブラジルの旅もどんどん終わりに近づいて来ていて、予定外にサンパウロだイグアスだと回っているので、日程的にもつめていかないといけない。ここはさくっとこの日のウチにまず一度滝に行こうと決めた。まず一度というのはこのイグアスの滝、ブラジルとアルゼンチンとパラグアイの国境辺りに位置していて、その3国のそれぞれのサイドから滝が見えるのだ。

バス停の営業所のおっちゃん曰く、この宿でもツアーを組んでいると。そこでの値段をきいて、近場のほかのトラベルエージェントにも歩いて行ってみてツアーの値段を比べる。同じ位だったので、とりあえず宿の方で行くことに。

その日の旅のお供は私とイスラエル人のカップルともう一組のイスラエル人の友達の男女。それにペルー人一家。私のスペイン語は片言なので、この日は英語が話せる若いイスラエル人4人とほとんど行動を共にした。
サルバドールでもたくさんのイスラエル人に会った今回のブラジルの旅。きけば、今(あくまでも去年の段階での情報(;^_^A )ブラジルや南米を旅するのが若いイスラエル人の間でブームだとか。一昔前はオーストラリアとかも人気があったよ、と言っていた。そういえばNZにワーホリで行っていた頃結構イスラエル人の旅人にも会った。たしかそのイスラエル人の女の子とネットカフェについて行ってEメールを初めて教わって、何それ?って言ったらあなた日本人なのに知らないの?とすごく驚かれた。ハイテク日本とは言われているものの、あの当時(13年前、ポケベル時代です)日本でメールアドレス持ってる人なんてホントごくわずか。メールの存在さえ殆どの人が知らなかったのにこの急激な普及はほんとスゴイ。

 話は戻って、前に会ったイスラエル人に聞いたことがあるけど、そんなイスラエル人の旅人達は皆かなりの割合で同じルートや宿を回って歩くらしい。というのもホステルなどのゲストブックやメッセージボードの書き込みに皆必ずヘブライ語(イスラエルでの言語)であそこの何がいいとかあそこではココに泊まった方がいいとかの旅情報が書き込まれていて皆そんなのを拾い読みしながら次の行程を決めていくらしい。仲間にだけわかるシークレットメッセージを辿って同じ行程を旅していく、、、アリみたいでカッコいい。

あと、今回会ったイスラエル人はきっちり旅行期間を決めずにとりあえずやってきて、楽しくなってそのまま1年なり長期でいついてしまったり旅して回る人たちが結構いるように思う。そんな事を旅仲間の彼らに話したら、イスラエル人の典型的な人生コースの話になった。

 高校を卒業したらまず軍隊に入る。兵役は男女関わらず基本的に全員。男が3年で女が1年半位っていってたかな。兵役免除の基準は病弱などの理由か宗教上信心深いという理由かもしくは女の人の場合は結婚するか(子供を生むだったかな)らしい。でも敬虔な宗教家かどうかなんて測れないから勝手に自分はそうだと嘘を言い張っちゃえば行かなくてもいいんじゃないの?と言ったらやはりそういう人もいると言っていた。 で、軍隊が終わったら大学に行くかと思えば、まずバイトなどで働いてお金を貯めたりして長期の海外旅行に出るのが主流の傾向らしい。

 大学はその後だから、イスラエルの大学生の平均年齢は結構他国よりもちょっと高めなのでしょう。でも兵役積んで、バイトしたり海外を回りながら人生経験を積んでから大学言った方がちゃんと勉強すると思うな、実際。自分が勉強したい分野も高校生の社会経験少ない頭で考えるよりよっぽど明確に見えてくる気がして合理的じゃないのかしら。 サルバドールで会って長いこと一緒にいたイスラエル人の一人旅をしていた女の子モランも、数ヶ月のつもりで旅に出てきたら楽しくなっちゃって、南米にしばらくとどまることに決め、半年ほど旅を続けた後、アルゼンチンでスペイン語の学校に行ってから大学に行く事にしたと言っていた。そんなふらり人生も素敵だなと思った。私も割とふらり人生だけども、もっとふらりふらりできたはず!若いうちはどんどん旅して回るのがいいと思う、中年もそろそろすぐそこに見えてきた私の感慨。 以上ブラジルで知ったイスラエルの若者生活事情リポートでした。

 にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ←コレをクリックしてくれたら兵役免除です!ただし日本国民に限る。
PR
本家ブログ
大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!

ご意見・ご質問等メール希望の方はこちら→手紙メッセージを送る
最新コメント
[06/24 プッチョ]
[03/13 keenanbagl]
[03/13 ewinghalli]
[12/08 ハルチカ]
[11/26 カエル]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
春近ハルチカ
性別:
女性
自己紹介:
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
↑1日1クリックでお願いします。
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 大江戸カンガルーが地球を回す! All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]