忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
08
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
日本を離れて11年。豪州メルボルン在住、一人旅が大好きでブラジルやキューバなどのラテン音楽にぞっこん猿の私の地球旅日記。 本家「大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!」から旅日記だけこちらに移転。さらに進行予定。本家ブログもどうぞよろしく。 "If your soul is no stranger to you, the whole world is your home"
[36]  [35]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブラジルはでっかい。ヨーロッパよりでっかい。
ゆっくり全部回るなら1年かけても足りない位でかい。

大都市間の長距離移動なら割と格安の飛行機があるので、バスで20時間以上も旅するよりは飛行機で一っとびがよろしいかと。夜間のバス強盗の話もバックパッカーズで会った旅 人から聞いたし。でも場所によっては飛行機がなかったり、あっても高かったり。

オーストラリアもでっかいからバスの長旅は結構慣れているんだけど、最近は国内向けの格安エアラインも入ったのでオーストラリアでは専ら飛行機移動が多いな。

さてさて今回私はサンパウロからイグアスの滝を見に行こうと画策。街に行って適当にトラベルエージェントに入って尋ねるとどうやら飛行機で行くのは高そう、、、ということ で、これまでは長距離移動は専ら飛行機でブラジルの旅をしてきたけれど、ここで初めて長距離バスを使うことに。途中休憩などを挟みながら16時 間の行程。

飛行機の旅を考える時、4,5時間のフライトよりは私は8,9時間の夜便の方が好き。最初の1,2時間は離陸から食事であっという間に過ぎ、あとは一眠り して起きればまた食事して着陸態勢に入るので、割と退屈しないで終わる。4,5時間は中途半端過ぎて寝られないし、起きているのもまた退屈な時間。

でも16時間となると話は別。普段の私の睡眠時間が5、6時間位だから2回寝ても余る。もちろん2回は寝られないから、時間は余りまくり。

長時間のバスは途中のサービスエリアで何度か止まります。短いトイレ休憩と食事休憩があるから、運転手さんに降りる時しつこいまでに休憩が何分なのか確認する私。寝ている場合や休んでいたい人はもちろん降車しなくてもOK。

私の乗ったバスはお昼に近い午後にサンパを出て翌朝5時とか6時くらいににフォズ・ド・イグアスに到着予定。どのタイミングで寝たものかと考えつつ乗って いると、何とか日も暮れてきた。でも寒いせいかなかなか寝付けない。ずっと寝付けずになんと深夜3時過ぎてやっと眠りについた。

そして、目覚め、、、、休憩中だったらしく人がどやどや通路を歩いているのがわかる。丁度皆乗り込んでいざ出発という所だったらしい。寝ぼけた頭をくるっとバス停に向けると、なんだか見知った面々がたくさんそのバス停の外の座席に座っている。そして彼らがみるみる小さくなってゆく。、、、、、、ってあれ?あれ?あれ?
いまだ寝ぼけた頭で自分の周りを見回すと、皆知らない顔ばかり。
慌てて運転主席まで行きドアをどんどんたたく。開けてくれたら、運転手も変わっていた。今のバス停はどこだったのか訪ねると、フォズ・ド・イグアスだという。あそこで降りなきゃいけないのに、寝てたのよー。と身振り手振りでウキャー!!となりながら懸命に説明。運転手はわかったわかったというようなことを言っていたのだが、バスはそのまま進むので、えらく不安に思っていると、ただバスがUターンができない道だったので、ぐるっと延々と遠回りしてバス停に引き返してくれたらしい。何とか先ほどのバス停に戻る。

とりあえず、起きてよかったけどね。16時間のバスの旅で最後の3時間位になってやっと眠りについてしまったのが敗因。ほんと、とりあえず起きて良かったけどね。皆さんもバス旅の居眠りは計画的に。、、、っていうか、最初の運転手、変わる前に起こしてよ!!って私が悪いのか?

 にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ←私が悪いと思う人も、運転手のせいだと思う人も、とりあえずクリック。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<ブラジル>アマゾン川流域の「未知の部族」、実は100年前から存在確認
【メキシコ市支局】ブラジル北部アクレ州のアマゾン川流域で見つかったとされる「未知の部族」の写真が先月公表されたが、実際には約100年前から存在が確認されていたことが分かった。米誌「ナショナル ジオグラフィック」(電子版)などが報じた。 報道によると、この部族は1910年ごろに発見されていたが、開発が進むにつれて存在に疑いがもたれるようになったため、ブラジルの先住民保護に関する政府組織「FUNAI」が「未知の部族」として写真を公表したという。ただ、遠方からの観察だけで、直接対面
URL 2008/06/26(Thu)16:05:23
本家ブログ
大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!

ご意見・ご質問等メール希望の方はこちら→手紙メッセージを送る
最新コメント
[06/24 プッチョ]
[03/13 keenanbagl]
[03/13 ewinghalli]
[12/08 ハルチカ]
[11/26 カエル]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
春近ハルチカ
性別:
女性
自己紹介:
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
↑1日1クリックでお願いします。
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 大江戸カンガルーが地球を回す! All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]