忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
02
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
日本を離れて11年。豪州メルボルン在住、一人旅が大好きでブラジルやキューバなどのラテン音楽にぞっこん猿の私の地球旅日記。 本家「大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!」から旅日記だけこちらに移転。さらに進行予定。本家ブログもどうぞよろしく。 "If your soul is no stranger to you, the whole world is your home"
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日書きながら色々と細かいことも思い出してきました。今日はそのエクストラ。食事中の方は後で見てください。

ペルーやチリではトイレで時々張り紙を見ます。
「排泄物以外は流さないで下さい。」

当たり前のようですが、これ、とっても文面通りに受けとらなくてはいけないのです。
揚げ足取りな人が、じゃあ、紙も流しちゃだめなんだな。という反応が実は大正解。排水管が小さいようで、紙を流すとすぐ詰まってしまうのです。
で、使用済みの紙はどうするのかといえば、便器のとなりに設置してあるゴミ箱に捨てるのです。これが私には結構苦痛でした。公共の場ならまだしも、チリでは友人の家族宅に泊まっていたのでそこの家族にも紙が見えるかと思うと。

クスコからマチュピチュに行く電車の中ではうっかり忘れて流してしまい(無意識についやってしまうものです)、その後しばらくしてから、客車にトイレの異臭が、、、。電車の中は観光客ばかりなので、今から思えば私だけではなかったと思うのですが、その時はやばい、私が詰まらせちゃったとマチュピチュに着くまで気が気じゃありませんでした。そんな感じでが多いところではやはり詰まったトイレを時々みかけます。この状況に加えて水洗の水の流れがわるい所もあって、それでも切羽詰ってる人達はしなきゃならないわけで、詰まったトイレににさらにたまっていくとんでもない状況。キャー。ブラジルで普通に流せるトイレのバックパッカーズに着いてホッとしたのを覚えています。

おぞましい思い出はそのくらいにして、クスコの町の中心にあるPlaza de Armasという広場には物売りの子供がたくさん来ています。英語を話す人は多くないペルーですが、ここの子供達はよく英語を話します。商魂たくましくポストカードを売り歩いていた子は「今月これを払わないと、家の電気とめられちゃうんだ。」と電気代の請求書を一緒に持ち歩いていて見せてきました。日本語で写真とりませんか?と話しかけてくる子供達もいて、生きていく力を見ました。
さて、前述のポストカードの男の子ですがカードホルダーにポケモンのシールが貼ってあってびっくり。オーストラリアの子供達の間でも流行っていましたが、まさかインカの都、クスコで遭遇するとは。その後チリに行ったとき、友達の甥っ子達が見ていたテレビはキン肉マン!!筋骨マン イワオ とか懐かしすぎ。 その他色んな日本アニメをやってたんだけどどれをやってたかもう忘れちゃっいました。筋骨マンのインパクトに他の記憶は吹っ飛びました。あ、ちなみにチリでのどらえもんの名前はGato Cozmico(宇宙猫)。クリスマスに友達の弟にGato Cozmico人形をプレゼントしてもらいました。日本アニメの生きていく力を見ました。

ちなみにポケモンが流行ったので、そのあともっと古いアニメドラゴンボールや、やや新しめの遊戯王をTVで放映してやはり子供達の間で人気になったオーストラリアですが、フランスではもう10年以上も前からちゃんと(って言っていいのか?)やっていたみたいです。10年以上も前にワーホリでNZにいた頃英語学校で仲良くなったタヒチ(フランス語圏)の子が「日本のアニメ知ってるよ。ドラゴンボールとか。やじろべえ知ってる?」とかあまりに通すぎるキャラクターの選択に友達と大笑いしたのを覚えています。
日本で教員をやっている友達が以前父兄に面接で「ポケモンのキャラクターの名前はあんなに覚えられるのにどうして勉強はねえ。」と相談されたと言っていましたが、豪州で大流行した8年ほど前に私も全く同じ質問をオーストラリア人の父兄から面接でされました。日本のアニメもそれにまつわる問題もとってもワールドワイドなようです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ



PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
神秘の国ペルーもう一度【団塊世代シニアの暮らし方】
神秘の国ペルー クスコとマチュピチュをもう一度義父のペルー旅行は足袋そのものが神秘でした義父はツアーメンバーの中で一番高齢だったので、ずいぶん助けられていたそうですが、山道のバス旅行が続くと、むしろほかのメンバーーのほうが参ったそうです。この絵は、私が大変好きなマチュピチュの空中都市都市の絵です。いかにも、仙人がいそうな風景です。またこの義父の絵の雲の感じが、その幻想的な空気をより濃くしているようです。義父はどの旅行もそうですが、スケッチをしているとわれを忘れ、時間の観念も...
URL 2007/12/16(Sun)22:19:27
本家ブログ
大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!

ご意見・ご質問等メール希望の方はこちら→手紙メッセージを送る
最新コメント
[06/24 プッチョ]
[03/13 keenanbagl]
[03/13 ewinghalli]
[12/08 ハルチカ]
[11/26 カエル]
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
HN:
春近ハルチカ
性別:
女性
自己紹介:
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
↑1日1クリックでお願いします。
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 大江戸カンガルーが地球を回す! All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]