忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
05
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
日本を離れて11年。豪州メルボルン在住、一人旅が大好きでブラジルやキューバなどのラテン音楽にぞっこん猿の私の地球旅日記。 本家「大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!」から旅日記だけこちらに移転。さらに進行予定。本家ブログもどうぞよろしく。 "If your soul is no stranger to you, the whole world is your home"
[15]  [13]  [14]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サルバドールに来て日本語の打てるネットカフェ発見。(*注 この記事はブラジルに入ってから書かれたものです。)


過去に遡って順に記事をあげていきます。チリには4日ほどのはずがフライトを変更して結局1週間。前回の旅では前にも書いたように友達宅にステイしていたので、今回はチリで初めてのバックパッカーズ。今回私が泊まったのは、ネットで選んだChillihostel という名のバックパッカーズ。結論から言うと最高に気に入りました。

すごくアットホームでスタッフも旅人もいい感じにで馴染んでて、NZやOZのBPと違ってスタッフのみならず旅人同士の会話もスペイン語がメインだったけど、相手が英語ができない分、逆に自分のスペイン語を練習するいい機会になりました。英語と違うところは、皆我慢強くいやな顔ひとつ見せず私のつたない話につきあってくれます。何とかコミュニケートできているのが不思議なくらいの私の片言なスペイン語なのに、色んな人とたくさん話してたくさん笑って本当に楽しかった。3日程滞在したらもう皆スタッフも旅行者も家族のようにさえ思えてきました。

私や他の人に何か問題があると周りの皆が色々進んで助けてくれるし、朝食付きなのですがNZやOZのBPと違ってキッチンに降りてきた人の顔を見てからちゃんとオレンジを切るところから始めて一人一人に毎朝オレンジジュースを作ってくれてトーストを焼いてくれて。カップやお皿もかわいいのです。単なる宿泊所としてのBPではなくちゃんと友達家族におもてなししてもらっている感じ。

ベッドも私の部屋は7人部屋だったけどちゃんとしたベッド。ずっとBPを回ってるとこんな普通のベッドがとっても嬉しいです。ベットカバーもオレンジや黄色、黄緑などを基調にしてすごくかわいい。同部屋で仲良くなったルックスも性格もとても美しいアルゼンチン人のマリアは、始めは他に行ったら汚いし、殺風景だしですぐにここに移ってきてハッピーだったといっていたので、チリの全てがここのようではないようです。


NZで母を訪ねて三千里とか言ってた私ですが、チリでもまたまた人探し。ここでは前回の旅で会ったメルボルンの友達の友達であるダニエラを探してみました。出発前にメルボルンの友達から電話番号をもらっていたのですがすっかり家に置いてきた私。知っている情報と言えばセントロという駅のそばの移動図書館で働いているという情報のみ。


でも聞いてみるとセントロというのは街の中心部全体をいうのであって駅の名前ではないと言われちょっと愕然。先は長い。とりあえず町の中心部あたりに行ってみる。通りで警察をみつけるもやはり英語は分からず、片言のスペイン語と電子辞書で引いた移動図書館の単語を使って、人を探していることを伝えるも、移動図書館にあたるスペイン語に馴染みがなかったようで、それが何だか分からない様子。たくさん本のあるバスだよと言ったらもっと混乱していた。とにかく長いやり取りの後、主旨はわかってもらえたけど、それがどこだかは見当も付かない様子。今考えてみれば移動図書館なんだからどこにあるか分からないのあたり前だよね。結局近くの本屋を教えてくれてそこできいてみろとのこと。本屋でも同じやりとりを繰り返し、いい人たちで色々考えてくれて移動図書館のありそうな場所を地図にマークしてくれたんだけど、それぞれが互いに遠くて全部めぐるのは気が遠くなりそう。そこで、移動図書館はきっと普通の図書館に属しているに違いないと思い近くの大きな図書館を聴いてみる。ラッキーなことに割と近くで歩いて行った。そして到着、サンティアゴで一番大きな国立図書館。じゃじゃーん。到着して気が付いたのです。そこは3年前のダニエラの職場。3年前に会ったとき案内してくれたので覚えてました。あの時はただ後をついて行ったので、地理関係は全く覚えていませんでした。あの頃彼女は学生見習いとしてここで働いていました。もしかしたら、現在の移送図書館というのもここに属しているのかも!密かな期待を抱いて受付を探す。インフォセンターらしきものを見つけるも人は無し、しばらく待った後近くにいた警備員に声をかけ、また同じ会話の繰り返し。警備員は私の片言のスペイン語をかなり辛抱強く聞いてくれて、別の長年勤めている警備員の人に連絡をとってくれました。

その警備員さんとダニエラの特徴について話しているうちに彼女の写真をまだ持っている事に気づき、デジカメの写真をみせると覚えているとのこと。移動図書館はその図書館付属ではなかったけれど、彼女の連絡先がわかるかもとのこと。でも別の部屋に行ったとき、彼女の連絡先を教えてはもらえなかったようでした。そこで、そこに勤務する彼女をよく知っている人の部署に連れていってくれました。その人本人は知りませんでしたが、同じ部署で働く別の人が、現在の彼女の勤務先をしっていて、そこの図書館の番号と駅名を調べてくれました。本当皆いい人です。駅の名前はなんとエスタシオン セントラル。 セントロとは英語でいうセンターで似た名前のセントラルとのちょっとした思い違いをしていたためにこんな大げさな捜索旅となりました。でも私は移動図書館自体が駅近くにあると思っていたし、図書館もちょっと駅から離れていてそのまま駅に行ってもみつかったかどうかわからないので、逆に良かったかも。


駅について人に聞きながら図書館に向かう。到着すると、彼女は移動図書館勤務なので、今はそこにはいなくて今日は戻って来ないとのこと。彼女の番号をもらうも、そこには電話がなくて、駅までもどる。そこから電話すると、何と私と5分のすれ違いで今は図書館にいると。慌てて戻って、ヒャッホー!!遂に再会できました。長い一日だったけど、ハッピーエンドならば、こんな捜索旅も悪くないです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
本家ブログ
大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!

ご意見・ご質問等メール希望の方はこちら→手紙メッセージを送る
最新コメント
[06/24 プッチョ]
[03/13 keenanbagl]
[03/13 ewinghalli]
[12/08 ハルチカ]
[11/26 カエル]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
春近ハルチカ
性別:
女性
自己紹介:
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
↑1日1クリックでお願いします。
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 大江戸カンガルーが地球を回す! All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]