忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
06
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
日本を離れて11年。豪州メルボルン在住、一人旅が大好きでブラジルやキューバなどのラテン音楽にぞっこん猿の私の地球旅日記。 本家「大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!」から旅日記だけこちらに移転。さらに進行予定。本家ブログもどうぞよろしく。 "If your soul is no stranger to you, the whole world is your home"
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



カーニバル以前のことについて長きに渡って書いてきましたが、さていざカーニバルについて書こうとすると、もう何から始めればいいのやら。あの熱気と狂気の日々を理解するには体験する他仕方がないと思うのです。
カメラはとても危険なので持ち歩かなかったので写真も殆どありません。人からもらったのとかが少々。

すごく大雑把に言えば、サルバドールのパレードはトリオ・エレトリコと呼ばれる大型トラックの上のステージにバンドなり人気歌手なりが乗り込んで、歌って演奏します。このトレーラーの周りをロープで縄張りとして囲み、係りの人々がそのロープを電車ごっこのように持って一緒に移動します。このロープで囲まれたエリアがブロッコ。好きなバンドや歌手のブロッコTシャツを買った人はこの中に入れます。偽造のTシャツを作られないように、事前に買ったチケットとシャツを交換できるのはカーニバル直前です。
女の子は買うと、自分達で切ったり縫ったりしばったり、または直してくれる所へ持っていって好みのぴっちりTシャツとかキャミのようなスタイルに作り直す子がほとんどです。

ブロッコの中は一応安全と言われています。、、が、ロープの中と外は紙一重で、ロープの一歩外はタダ。それにブロッコに入るとずっと同じバンドだけど、自由に動ければ色々見られるので、今回は1晩チンバラダのブロッコ買ったけどもし次回があればブロッコ買わなくてもいいかな。

カマロッチからみた時に一番人気だったのはブラジルの大御所、チクレ・デ・コン・バナナやチンバラダやジルベルト・ジルなど。でも今回特に海外からの旅行者に飛びぬけて大人気だったブロッコは何といってもFat boy slim。他のブラジルの人気バンドに比べてブロッコがそれ程高くなかったことも手伝ってアメリカのこのバンドのブロッコがホント大人気ですごい群集でした。

こうして押し合いながら踊りながら一晩中このパレードについていくと7時間位かかりますが、翌朝パレードが終わった道を朝陽を見ながら歩いて帰ってくる時は1時間もかからずに帰ってこれます。

あとカマロッチと呼ばれる、パレード沿道のホテルなどを利用したパレード観戦テラスにも入場専用Tシャツがあります。私は一番安いカマロッチのチケットを2晩分買っていました。パレードのゴールそばなので、一晩中演奏したバンドがもう疲れているので安かったかも知れませんが、ホテルの施設はすごく良かったです。パレードを見るバルコニーの他には、別に屋内のクラブがあったり、無料のインターネットに無料の電話(友達が試したら、国際電話もかけられました)、無料のマッサージルームに、さらには寝転がって見られるようにマットレスやクッション完備の無料の映画館まで。さらに高い方のチケットを買うと飲み食いし放題になります。

私は2晩カマロッチ、1晩ブロッコでしたが、一番クレイジーで楽しかったのは、そのほかの晩に旅の仲間達と、ただ気の向くままにブロッコにも入らずパレードに踊りながら着いて行った夜の方です。毎晩夜の始まりとなると誰 彼ともなく集まってくる家がありました。オーストラリア人の旅行者が借りてた家で、他の旅行者を集めて皆でカーニバルの間そこで住んでいたのですが、夜になると私達を含め他のそういうシェアハウスの旅人達もワラワラと集まってきて飲み始め、夜も更けて来ると皆でパレードに突撃するのです。日によっては20人にも30人にもなったので、中心となる人がホイッスルを持ち出してパレード内ではぐれないように誘導してくれるのがおかしかった。毎晩明け方まで騒いで、歩き踊り続け、翌日になると必ず、「もうできない。もう今日はだめ。もう体がもたない。」と言い合うのですが、夜になるとまた出かけて行く私達。何だかんだで1週間コンプリートしてました。最終夜には仲間内の1人のブラジル人が持ってきたロープで自分達で自前のブロッコを作って皆で勝手にパレードしてました。

カーニバルのクレイジーな一週間を終えた翌日、1週間狂ったような日々を一緒に過ごした人達が散り散りになって行くのと、サルバドールの町のすさまじい静寂さ加減がそれまでの喧騒とのあまりのギャップに、皆でとてつもない寂しさを覚えました。

中南米情報
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
本家ブログ
大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!

ご意見・ご質問等メール希望の方はこちら→手紙メッセージを送る
最新コメント
[06/24 プッチョ]
[03/13 keenanbagl]
[03/13 ewinghalli]
[12/08 ハルチカ]
[11/26 カエル]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
春近ハルチカ
性別:
女性
自己紹介:
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
↑1日1クリックでお願いします。
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 大江戸カンガルーが地球を回す! All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]