忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
06
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
日本を離れて11年。豪州メルボルン在住、一人旅が大好きでブラジルやキューバなどのラテン音楽にぞっこん猿の私の地球旅日記。 本家「大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!」から旅日記だけこちらに移転。さらに進行予定。本家ブログもどうぞよろしく。 "If your soul is no stranger to you, the whole world is your home"
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ヒーロー君が颯爽と去ったので、とりあえず荷物を置いて夕飯にとビーチの方に出ました。リゾート島なので、ビーチ沿いにたくさんのレストランが出ています。ビーチに出てすぐに向こうから歩いてきた三人組に声をかけられて、見ればサルバドールで同じバックパッカーズに泊まっていた三人。アルゼンチン人の女の人二人組とイギリス人の男の人。どうしたの?というので、事情を言うと、とりあえず僕らご飯食べるところだから一緒にどう?ということで、到着早々ハルチカ御一行(約一名)、食事の連れができました。

実は宿を探し回っている間もやはりサルバドールのバックパッカーズで会った別のアルゼンチン人の女の子2人組に会っていて、やはりサルバドールからの一番のリゾート地らしくそこから流れてくる旅人多しです。皆で夕飯を食べていると、ふとパーティーの無料招待券のことを思い出して、その3人組にあげました。いたよ、友達。そのパーティーのことは知っていたみたいで喜んでいました。

券のことを言った瞬間にイギリス人の彼が 「やっぱりな!分かってたんだ!」と言うので、何が?ときくと、私と一緒にいれば何かラッキーな目に会うに違いないって分かってたんだ、と言いました。サルバドールにいた頃、私がよく前の晩にある人に会ってタダで入れてもらったとかいう話が多かったので、その頃彼が「よし、今夜は一緒に遊びに行こう!」とよく冗談を言っていた延長での発言でした。彼はついでに一緒にボイペバ島に来たがっていましたが、女の子達が旅の日程や経費の面で渋っていたので断念しました。

確かに旅にでると私のラッキーの数がグンっと上がります。実際島でヒーロー君や飯の連れに会えたのだってラッキーの一環。こういうのは思い込み半分以上だろうけど、思い込みでもそれで本人が楽しければいいのです。ラッキー伝説、自己暗示術。

夕食後、ネットカフェに。おしなべて島のネットは滅法高いです。ココもしかり。メールだけチェックすると、ナント一緒にボイペバに行くはずのデンマーク人の彼は、その日モホを出てボイペバに行こうと私がバスを逃した町に着いた時、やはり私同様バスを逃していたらしく、そのままその町で一泊していることが判明。笑っちゃいながら、実は私もバスを逃し、その日の朝まで彼がいたモホに来ている由を伝え朝一で彼が泊まっている町に戻ることを返信した。直接モホからボイペバまでフェリーで行けるのだけれど、それだとかなり高くつくことが分かったからです。 という訳で、2日掛かりで翌日やっとボイペバを目指すことに。




<にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
本家ブログ
大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!

ご意見・ご質問等メール希望の方はこちら→手紙メッセージを送る
最新コメント
[06/24 プッチョ]
[03/13 keenanbagl]
[03/13 ewinghalli]
[12/08 ハルチカ]
[11/26 カエル]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
春近ハルチカ
性別:
女性
自己紹介:
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
↑1日1クリックでお願いします。
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 大江戸カンガルーが地球を回す! All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]