忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
11
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
日本を離れて11年。豪州メルボルン在住、一人旅が大好きでブラジルやキューバなどのラテン音楽にぞっこん猿の私の地球旅日記。 本家「大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!」から旅日記だけこちらに移転。さらに進行予定。本家ブログもどうぞよろしく。 "If your soul is no stranger to you, the whole world is your home"
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回のムーミン似発言に関してちょっと補足しておくと、私ムーミンには似ていません!、、と思うよ。

どっちかというと、友達の子供と遊んでいる時にその子がシュレックの絵本を見ながら、私だと言って指差したのがロバ だったりとか、昔彼氏に言われた、一瞬いい事言われてるのかと錯覚するような台詞「笑顔がチェシャ猫みたいだね。」(→こんなの )とか、そっちの方が我ながら的を射ていると思います。ポイントはおそらく顔半分いっぱいに広がる歯、、笑顔満開かな☆ 

多分言った本人達もどうして似ているかに気づいていない所が逆にストレート過ぎて痛いです。こうなると否定していたカバ似の妖怪の方がよっぽどマシに思えてきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
気を取り直して旅話。

カーニバルをサルバドールで過ごすべく、その2,3週前に飛行機でサルバドール・ダ・バイーアに飛びました。ご存知かと思いますが、ブラジルはでっかいです。確かヨーロッパ全土よりでかいはず。バス移動の人もいるけど、バスでリオからサルバドールまで27時間!!(30時間以上要した人も)とかかかる上、値段もそんなに変わらないので、ここは飛行機でさくっと移動です。

サルバドールはアフリカからの黒人文化が色濃い街です。昼に夜に道や家々からドラムの音が終始響き、そこかしこでカポエラやアフリカンヘアの編みこみをしている人たちや伝統的な服装で屋台で食べ物を売っている人達を見かけます。街は上の町、下の町に分かれていて数箇所あるエレベーターで行き来できます。

私は上の町の中のぺロリーニョと言うところにまずステイ。ぺロリーニョはアフリカ文化の面白いところが詰まったサルバドールの文化の中枢を担っている場所。音楽、踊り、アート、御土産屋、観光客で溢れています。道はかなりでこぼこな石畳の上、急勾配が多く、半日も歩き回ると足がぱんぱんです。でもその石畳のある景観が味があってまたいい感じ。建物もかわいく塗られていたりしてすごくよろしい。

着いた時には何て素晴らしい場所かと思いました。ここで何週間か過ごすことに決めて良かったとワクワク。

翌日からはとりあえずカーニバルに備えて準備です。ホステルスタッフや旅人仲間などからカーニバル情報を収集し始めてすぐ気づいたことは、サルバドールのカーニバルもやはりリオと同じく商業的で、とってもお金がかかるのです。各種チケットしかり、宿しかり。
宿が高いことはネットでチェックしてたので、分かってはいました。ネットではどこももう満杯。でもたいがい行けば何とかなるので、それを期待して現地入りしました。

例えば私がカーニバルまでステイしていたホステルでは普段なら1週間R175の所をカーニバル1週間パックでR850もしました。普段の約5倍。それでももうカーニバル中は予約満杯。完璧リオ並みです。1週間R1000とか10日パックでR2000とかいうツワモノホステルまであって、どれだけこの時期にかけているかが分かります。勿論全部相部屋、2段ベッドでシャワートイレ共有でこのお値段です。ちなみにR1000で6万円にちょっと届かないくらいなので、日本の宿泊事情を考えたらたいした事はないのでしょうが、長期旅行者、バックパッカー達には死活問題です。ホステルの人に、近くにまだ空いてるところがあると言われて見に行ったホステルなど、トンカントンカンとまだ修復工事している部屋に、運び込まれたばかりであろうたくさんの真新しい2段ベッド。 まだ空いてるというよりも、まだ部屋を作ってるという状態。これでカーニバル2週間前です。そうまでしても年に一度の大金を稼ぐ絶好のチャンス。

その後ちょっと歩き回って週R500を見つけました。ぎりぎり2万円台といった感じで割といい値段。しかもその時泊まっていたホステルのカーニバルパックより安いというだけでなく、16人部屋だったそのホステルに比べそちらは1部屋4人。そこに決定です。

さてカーニバルのチケットですが、これがまた高い高い。話によれば、サルバドールのカーニバルは大きいトラックにそれぞれバンドが乗ってそれがパレードでいくつも練り歩き、その周りをブロッコと呼ばれるロープでしきったエリアに入って一緒に着いて行くらしい。また、パレードの道沿いにあるホテルなどから道沿いにカマロッチと呼ばれる専用バルコニーが設置され、そこからカーニバルのパレード全体が見渡せる。

そして、そのブロッコとカマロッチに入るのにそれぞれ専用Tシャツを買わねばならず、それが結構なお値段なのです。ブロッコに入らなくてもパレードは見たりついていけるらしいのですが、なにせ人が多い上危ないというのです。カーニバル6日の間、私はティンバラダのブロッコ1つとカマロッチ2つを買いました。カマロッチは場所によって、ブロッコはバンドによってお値段が違います。ティンバラダはすごく人気のあるグループでチケットもものすごく高かった。一晩で何万円です。今年は Fat boy slim も来ていて、こちらのブロッコは観光客中心に大人気だったけど、それすらもこの地元のビッグネーム(ティンバラダ)に比べたら全然お安い値段でした。

とにかく商業的なカーニバルを回避しようとサルバドールに来たはずなのに、結局ここでリオに引けをとらない結構な散財です。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ


PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
本家ブログ
大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!

ご意見・ご質問等メール希望の方はこちら→手紙メッセージを送る
最新コメント
[06/24 プッチョ]
[03/13 keenanbagl]
[03/13 ewinghalli]
[12/08 ハルチカ]
[11/26 カエル]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
春近ハルチカ
性別:
女性
自己紹介:
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
↑1日1クリックでお願いします。
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 大江戸カンガルーが地球を回す! All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]