忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
05
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
日本を離れて11年。豪州メルボルン在住、一人旅が大好きでブラジルやキューバなどのラテン音楽にぞっこん猿の私の地球旅日記。 本家「大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!」から旅日記だけこちらに移転。さらに進行予定。本家ブログもどうぞよろしく。 "If your soul is no stranger to you, the whole world is your home"
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何だか最近 「キャットエンパイア」 「Cat Empire」 を検索してここを訪問される方々が突然増えて、連日数名いるのですが、どうしたんでしょう?日本でコンサートでもあるのかな。、、、と書きながら、これによってまた検索に引っかかるのを狙ってるわけではありません。でもこれで来てしまった方は12月30日の日記 とかを見てみて下さい。たいした情報は書いてませんが。いいよね、キャットエンパイア。 *ちなみにマルコの猿の名前はアメディオですよー。>「母をたずねて三千里 猿」の検索で来てしまった方へ。


さて、驚くほど引っ張っるムーミンネタですが、先日の記事をアップした後、友達からムーミンには全然似てないよというメールがぽっきり1通届きました。ということで、宣誓!メール1通分の確証付きで似てません!彼女のパートナーにも確認してくれた様で票としては2人分です。私もどうして似てると言われたか、そしてもっと言えば何をここまで意固地に否定しているかもよく分かりません。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ここから旅話

 



サルバドールではカーニバルまでの2週間パーカッションのレッスンに通いました。グルー
プレッスンも個人レッスンも両方やったけどとっても楽しかったです。惜しむらくはそこで習った事、今は全部忘れてしまいました。楽しかったからいいんだけど、次は是非録音できるものかビデオカメラ持参で。

リオの音楽に慣れていた私にはサルバドールのブラジル音楽はまたとっても新鮮でした。サンバ一つとっても結構違うのです。バテリアで使われている楽器も結構違うし。こっちの方がアフリカ音楽直輸入でサンバのオリジナルと言えるんだけど、リオサンバに慣れていた私は、サルバドールにいる間、ブラジルにいながらにして「マイ・ブラジル音楽」を恋しく思ってたりもしました。

またサルバドールには独特のそして現地では最もポピュラーなアシェーと呼ばれる音楽があります。これは日本のパラパラみたいに曲に全て振り付けがあって、皆が同じ振り付けで踊るのです。知っていればまたその一体感が楽しいんだろうけど、私はフリーのサンバが踊りたい衝動に日々駆られていました。もちろん何踊ったって禁止されてはいないんだけど、マッチしないというか浮くんだよね。


この2週間はホステルでとにかくたくさんの人達に出会った。長期ステイから、数日のみの短期ステイの人達までとにかく日替わりの仲間と遊び回りました。その中の一人、パリからやって来た彼女とその友達は、パリでサンバをやっていてサルバドールには現地のバテリアに混じってパレードで演奏するためにやって来ていました。彼女も私と同じ赤いストリークが髪に入っていて、それに親近感を覚えて話しかけてくれたのが始めです。お互いサンバを演奏することも分かって意気投合。たくさん遊び周りました。

ある夜、彼女のパリのサンバのコーディネーターの友人のビーリンバオ 奏者(ブラジル人)のコンサートがあり、誘ってくれて一緒に行きました。コンサート会場ではそのコーディネーターがなんとパリから彼女の名前を窓口に残してくれていたようで、彼女はタダで入場、そして飛び入りでついていっただけの私も何故かタダでチケットもらえてしまいました。この辺のどうにでもなる感が大好き。コンサートはビーリンバオだけでもこんなに違う音色が演奏できるのかというそれは素晴らしいコンサートでした。たくさんのビーリンバオの他にパーカッションもたくさんあって、最後は席をたってステージ前で踊りまくって素敵な夜でした。帰りには彼女のコーディネーターの知り合いと言う人達にたまたま会い、車で送ってもらえてまたラッキー。さらにそのまま彼女が前に一緒に演奏したサンバグループのライブパーティーに向かい、やはり彼女が窓口で交渉してタダで入れてもらうというコネを最大限に利用した夜。そのサンババンドも最高で、会場は明け方まで踊るのもままならない程のすし詰め状態ですごい熱気。

また別の夜には彼女のパリのサンバ仲間と現地の友達と一緒にファベラに行きました。もう一人のフランス人の子はポル語ができたので、その子とファベラの人達が話し始め、暇を持て余した私が前にあったトラックの荷台でサンバのリズムを指でたたき始めたら、もう一人のブラジル人が他のリズムをトラックで刻み、さらに他の一人が違うリズムを重ねて、と即席のトラック荷台・ジャムが始まりました。言葉が不自由でも一緒に楽しいブラジルライフ、ここでも健在。ほんと、誰でもどこでも一緒にサンバできるから即興タノシーがどこででも始まるこのお手軽加減、スバラシ!!、、、とはいうものの、やっぱりいるんですよ、何も演奏しなければ、踊れないし、サッカーもしないというブラジル人も。やはりサルバドールで友達になったその人には「ブラジル人の価値なし!」と言ってよく笑いました。

そんなこんなで日々を過ごして、2週間もいると、もうパーティーな毎日にへとへと。狂った日々にちょっと風邪も引いたり。カルナヴァルも近づいているので、ここらでちょっとサルバドールの喧騒から離れて、どこか静かで素敵なところでエネルギーを蓄えてカルナヴァルに戻ってこようかなと思い立ち、ちょっと近くの島を調べてみました。やはりホステルで会って気の合ったデンマーク人の友達も同意したので二人で日程を合わせてカルナヴァル前に数日一緒に近くの島、ボイペバに行く事に。


にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ




PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
本家ブログ
大江戸カンガルーSAMBA CARAMBA!

ご意見・ご質問等メール希望の方はこちら→手紙メッセージを送る
最新コメント
[06/24 プッチョ]
[03/13 keenanbagl]
[03/13 ewinghalli]
[12/08 ハルチカ]
[11/26 カエル]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
春近ハルチカ
性別:
女性
自己紹介:
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
↑1日1クリックでお願いします。
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 大江戸カンガルーが地球を回す! All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]